2017/10/02

食べ過ぎ頭痛ではないですか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
なかもと れいこ
「自然治癒力(治る力)」を引き出す専門家です。 自分の片頭痛が、「食」で8割改善しました。 これをきっかけにレイキやホメオパシーといった、海外で代替療法として確立されているセラピーを修得し、片頭痛を改善できるようになりました。 「未病の段階で身体の調子を元に戻す」。 また、「頭痛になりにくい身体を作る」ことに関心がある方のお役に立てます。
詳しいプロフィールはこちら

 

食べ過ぎて、頭痛が起きることがあります

 

くまジロー
食べ過ぎたことから頭が痛くなるんだってよ~。モグモグ・・

 

 

「あー・・・。食べ過ぎた次の日とかに頭が痛くなってたかも!」と心当たりがある方は、ぜひ読んでみてください。

 

この記事では、薬に頼らず、早く消化を助ける方法もご紹介しています。

 

こんな方にオススメ

*できるだけ市販薬に頼らず、自然療法などで頭痛を治したい

*なぜ頭痛が起きやすいのかを知りたい

 

 

なぜ食べ過ぎると、頭が痛くなるのか?

 

 

頭痛の原因はいろいろあります。

 

あるのですが、身近な原因として食べたものを代謝しきれずに頭が痛くなるということがあります。

 

くまジロー
つい食べ過ぎちゃうよね~

 

でもこれで、頭痛の原因がひとつ分かったとすれば嬉しいですよね

 

 

入ってきたモノよりも出ていくモノが少ないと、残りは体内に溜まっていきます。

 

そうやって太っていく、というのは言わずと知れたことですが。

 

ドーナツを食べる

 

でも太る前に、血液の質が悪くなっています

 

なぜなら、体内に残った食べ物・飲み物が、老廃物に変化して血液中に残るからです

 

この、老廃物混じりの血液が全身を巡り、あちこちに詰まったり溜まったり・・。

 

くまジロー
あーあー

 

そうして血流が悪くなったり、炎症を起こしたりして頭痛が起こります

 

くまジロー
あー・・・

 

 

不調はその人の弱い所に表れやすいので、ある方は鼻炎になったり、べつの方は頭が痛くなったりします

 

くまジロー
そういえば、ぼくは皮膚が痒いことが多いかも・・

 

 

「食べ過ぎ」を減らすだけで、頭痛は減る

 

ごはんなどの炭水化物を摂り過ぎる。

肉・魚・豆などのタンパク質を摂り過ぎる。

肉の脂肪や、油を摂り過ぎる。

・・・などいろいろありますが、その中でも特に、それらが消化されるまでに時間がかかるものがあります。

 

それはあぶら(肉のも、植物などのも)です。

洗い物でもあぶらのついたお皿汚れは、落ちにくいですよね。

 

肉料理

 

ササ~っと皿から離れない「あぶら」と同じことが、血管の中でも起こっています

 

脂は肉や乳製品にたくさん含まれていますし、油は揚げ物以外にも、お菓子や洋食・・

「おいしいな」とコクを感じる味には、ほとんど「あぶら」が入っています。

 

くまジロー
うん。おいしいよ。

 

長い歴史を振り返るとつい最近まで、カロリーの高いものは簡単に口に入らなかったので、

 

私たちの味覚は「カロリーの高いものをおいしい!と感じる」ようになっている、と言われたりしますが・・。

 

れいこ
でも「あぶらは良くない」と誤解無きよう。

 

からだには「あぶら」も必要です。特にには。

 

ですので、問題はあぶらの「」と「」です。

 

油を、自分が消化できる量に減らすだけで、ずいぶん頭痛は起きにくくなってくるはず。

 

コクのあるリッチな食べ物が好きな頭痛持ちさんは、「自分はいつ頭が痛くなっているか?」を観察してみてくださいね。

 

 

余分な脂を早く身体から出すために、お家にあるもので出来ることは、これ!

 

そんな時は頭痛の大元となっている血液中の余分な「あぶら」、これを早く体外に出すといいですよ。

 

スーパーで手に入るもので出来ます。

お薬に比べて緩やかそうで、効果あるの?と思われるでしょうが、意外に早く効きますよ。

 

くまジロー
ほんと~?

 

れいこ
私が経験済みだよ~

 

 

切り干し大根茶

 

「切り干し大根」って、ご存知ですか?

切り干し大根

こういうものです。

 

切った大根を天日干ししたものです。

そのまま口に含んでも、滋味深い甘さがあります。

 

これを煮出したものは、溜まった老廃物を溶かして排泄するのに役立ちます

けっこうおいしいんですよ。

 

<切り干し大根茶の作り方>

材料

切り干し大根(出来れば天日干し、と書いてあるもの)・・・1/2カップ

水・・・2カップ強

 

切り干し大根の量は、このぐらいです↓

切り干し大根

 

作り方

1・切り干し大根に水を加え、なじませる。

水に浸した切り干し大根

 

2・中火にかけ、フタをせずに沸騰させる。

沸騰したら、弱火にしてクツクツと20~30分くらい煮出す

煮詰めた切り干し大根

煮詰めた切り干し大根

 

小鍋、もう少し茶渋を落としてから写真撮ればよかったけど。まあいいや。

 

3・濾して、煮汁を飲む

(こさなくても、いいですよ^^)

切り干し大根茶

切り干し大根茶

 

お茶というけど、つまりは「煮汁」です。あはは^^。

私はみそ汁のダシ&具として、使うこともよくあります。

 

大根は、消化を助けます。

 

焼き魚天ぷらに、大根おろしが添えてありますよね。

 

ですから切り干し大根がなくても、食べ過ぎた時リッチな食事をした時は大根を意識して食べておくと中和されますよ

 

もうひとつご紹介します。

 

しいたけ茶

 

今度は干しシイタケです。

 

「今どき婆さんでもこんなことしないよ・・」と思われてるかもしれませんが、私が効果を実感したものだけを書いていますので、ぜひついて来てください(`・ω・´)

 

これは切り干し大根よりも強力に中和させる力があります。(特に肉の脂を中和するのに向いています)

 

だから「切り干し大根茶」もそうですが、がぶがぶ常飲はしないことです

 

きのこ類は、とても陰性が強いのであまり飲むと、それはそれでバランスが片寄ります。

 

「陰性」ってなに?と思った方はこちらをどうぞ。

陰陽(いんよう)とは?カラダにいい食べ物よりも、陰陽を知っておいた方がずっといい理由

 

元々こってりしたものを食べ過ぎて調子が悪い身体には合いますが、そうではない方がたくさん飲むと、逆に力がなくなります。

 

くまジロー
飲めばいい!ってもんでもないんだね~モグモグ・・

 

 

では、脂肪を溶かすために飲む「しいたけ茶」の作り方をご紹介します。

 

<しいたけ茶の作り方>

材料

干しシイタケ・・・1~2個

水・・・1と1/2カップ

干しシイタケ

 

作り方

1・干しシイタケは、できれば水に20~30分浸しておく。

水に浸した干しシイタケ

水に浸した干しシイタケ

 

2・火にかけ、沸騰しそうになったらやや火を弱め、弱火より少し強い火加減15~20分くらい煮出す

 

くまジロー
20分くらいか・・煮出してる間、ちょっと横になっとこうかな

 

 

3・最後に醤油1~2滴か、塩を少々落として、沸騰させないように30秒くらい煮る。

 

 

 

煮詰めた干しシイタケ

煮詰めた干しシイタケ

 

4・濾して煮汁を飲む

 

くまジロー
ふ~ん。。

 

干し大根も干しシイタケも、家に常備してないし、頭が痛い時に煮出すなんて面倒な!
と思われるでしょう。

 

れいこ
わかります・・

 

 

でも!

 

「干しシイタケ」と「干し大根」いつも家に常備しておくあとは煮出すのに20分程度なので、思っているほど手間ではないですよ。

 

 

くまジロー
頭が痛くなってから買いにいくのは面倒だけどね。もぐもぐ・・

 

 

煮汁は冷蔵庫で1~2日保存可能です。

 

どちらも料理の具材として使えるので、「長持ちする食材のつもり」で、買い物ついでに買って、常備しておくのはいかがでしょうか

 

れいこ
スーパーの乾物コーナーにありますよ

 

 

 

頭痛を減らす、緩和させるまとめ

 

食べ過ぎない

食べ過ぎた時は、干し大根干しシイタケの煮汁で中和させる

 

このどれか一つをやるだけでも、だんだんと頭痛の頻度が減り、楽になるはずです。

 

頭が痛くなってからでもいいですが、それよりも 食べ過ぎたな~と思った時は、首筋や頭に違和感を覚える前に、飲むといいですよ。

 

くまジロー
ぼくもそろそろ、食べるのやめようかなあ・・。

 

 

れいこ
そうだね・・

 

 

 

食べ過ぎると頭が痛くなる事は分かったけど、そうはいっても食べ過ぎちゃうのよね・・

という方は、こちらの記事もどうぞ。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
なかもと れいこ
「自然治癒力(治る力)」を引き出す専門家です。 自分の片頭痛が、「食」で8割改善しました。 これをきっかけにレイキやホメオパシーといった、海外で代替療法として確立されているセラピーを修得し、片頭痛を改善できるようになりました。 「未病の段階で身体の調子を元に戻す」。 また、「頭痛になりにくい身体を作る」ことに関心がある方のお役に立てます。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© 頭痛になりにくい身体をつくる , 2017 All Rights Reserved.