2017/06/29

右側の後頭部がズキズキする慢性頭痛、おうちでの解消法

 
smile

この記事を書いている人 - WRITER -
なかもと れいこ
「自然治癒力(治る力)」を引き出す専門家です。 自分の片頭痛が、「食」で8割改善しました。 これをきっかけにレイキやホメオパシーといった、海外で代替療法として確立されているセラピーを修得し、片頭痛を改善できるようになりました。 「未病の段階で身体の調子を元に戻す」。 また、「頭痛になりにくい身体を作る」ことに関心がある方のお役に立てます。
詳しいプロフィールはこちら

ドクドクするようなつらい後頭部の頭痛に困っていませんか。

 

私は困っていました。

 

でもこれを知ったら、ずいぶん頭痛にならなくなりましたし、なったとしても薬に頼らず、自分で解消できることが多くなりました。

 

頭痛が起きるきっかけはいくつもありますが、今回はついついお菓子や脂の多いものを食べ過ぎて後頭部が痛くなった場合の改善方法を2つ書いています。

 

注意大人で初めてそんな頭痛が起こった方は、別の病気の影響で頭痛が出ている可能性の方が高いので、そちらに緊急性がないかどうかを、まず病院で調べてもらってくださいね。

「なにかで殴られているように、ものすごくガンガンする」「痺れる」「ろれつが回らない」「高熱」などが同時に起きている時は検査が必要です。

 

右側の後頭部がズキズキする時の手当て・その1

 

しいたけ茶を飲む

 

サプリの紹介ではありません。

煮詰めた干しシイタケ

 

干しシイタケを煮出して飲むのです。

 

作り方はこちら

 

なぜしいたけ茶がいいのか?という事については、のちほど書いています。

 

 

右側の後頭部がズキズキする時の手当て・その2

 

後頭部と腎臓に手を当てる

 

応急処置のことを「手当てする」と言いますが、これはまさに「手を当てる」のが語源となっています。

 

手を当てる

手を当てる

 

なぜ手を当てるといいのかというと、手が当たる心地よい刺激と、手から伝わる微量の電気で停滞していた血流などが良くなり・・・

 

血流などが良くなることで、臓器が働きやすくなるからです。

 

 

まず手を当てる場所は、痛い後頭部

 

あなたも気になる箇所には思わず当ててしまうことがありませんか?

 

思わず当てていますよね

 

 

こんなふうに、手を当てる場所は、痛い所や気になる所でOK。

 

痛い箇所に手を当てると、なんとなく和らぐし、安心しますよね。

 

 

後頭部に加えて、腎臓にも手を当てるといい

 

痛い場所の後頭部に手を当てるのは分かるけど、なぜ腎臓にも?と思われたのではないでしょうか。

 

これは、中国医学の診断法のひとつ、「望診」というものが根拠になっています。

 

望診とは?

身体や顔の状態から、健康状態を判断する方法です。

 

私たちは顔色や肌つやを見て、「元気そうだな」とか「具合悪いのかな」などと考えますよね。

あれをもっと研究して体系化したものが、望診法です。

 

望診法は発生学なども基に研究されています。

 

たとえば口は消化器官の一部だから胃腸の延長として見るので、

唇が荒れている時は胃腸が荒れているのではないか?と予想できたりします。

 

顔

望診法の良さは、未病(症状が出る前の段階)の時点で身体の不調に気づける点にあるのですね。

 

 

「この箇所に出ているということは、○○が過剰に摂られているからではないだろうか?」

望診法では、そんなふうに考えたりもします。

 

さらに、右側に出ているということは、熱がこもっているからではないか?と分析するのです。(これは、陰陽というエネルギーのバランスの考え方からきています。)

 

 

さて、そんな望診法からみると、「後頭部の頭痛というのは消化できない脂肪や、過剰なタンパク質が血液をドロッとさせているから起こるのではないか?」ということになります。

 

そして、血液中の不要なものをろ過していくのは腎臓という器官でして、ここに負担がかかっているだろう、という予想がつくのですね。

 

だから、「腎臓に手を当てて、その働きを助けてやるといい」と言われるのです。

 

 

腎臓のある場所は、この位置です。動画(50秒)でお伝えしています。

 

望診法からみると、「後頭部が痛い」というのは、ろ過しきれないほど、不要なものが血液中にたくさんあるよー、というシグナルでもあります。

 

 

 

さきほど紹介した「しいたけ茶」は、なぜ後頭部がズキズキする時に飲むといいのか?

 

後頭部がズキズキするというのは、脂肪が消化できなくて血液がドロッとしている時に起こりやすいです。

 

しいたけは、その脂肪を分解する力を持っているから、いいのですね。

 

ちなみに、その脂肪というのは動物性脂肪や、中性脂肪を作りやすい砂糖の摂取が多すぎる時に作られやすい、と言われています。

 

思い出してみる

 

 

そういえば脂ののった肉やクリームとかのお菓子をたくさん食べたあとで頭が痛くなること、多いかもなあ・・

 

という方は、実験的に減らして、自分の消化できる許容量を把握してみるとか。

痛い時にはしいたけ茶で早く脂肪を溶かすと、ズキズキする後頭部の頭痛がやわらいでくるでしょう。

 

 

まとめ

 

*後頭部の右側がズキズキする頭痛には、脂肪を摂り過ぎて消化できていないのが原因のこともある。

 

*そんな頭痛には、しいたけを煮出したものを飲むと脂肪の分解が進み、早く痛みが和らぐ。

 

*不要物をろ過する腎臓が疲れている場合も多いので、後頭部だけでなく腎臓へ手を当てる事も、頭痛改善を助ける。

 

 

こういう改善方法は、先人たちが仮説と検証を繰り返しながら体系化してきたものです。

まだ西洋医学的には「なぜそうなのか?」が解明されていないことも多いのですが、ご自分の身体の変化もひとつの証明になりますよね。興味を持ったらぜひやってみてください。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
なかもと れいこ
「自然治癒力(治る力)」を引き出す専門家です。 自分の片頭痛が、「食」で8割改善しました。 これをきっかけにレイキやホメオパシーといった、海外で代替療法として確立されているセラピーを修得し、片頭痛を改善できるようになりました。 「未病の段階で身体の調子を元に戻す」。 また、「頭痛になりにくい身体を作る」ことに関心がある方のお役に立てます。
詳しいプロフィールはこちら
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 頭痛になりにくい身体をつくる , 2017 All Rights Reserved.