2017-08-05

頭痛を早く治すには、うんちやおしっこを出す!!

もしあなたが、ときどき頭が痛くなって、また、ときどき便秘もするようでしたら

いちど便秘と頭痛の関係を考えてみるのもいいですよ。

うんちがあまり出ていなくて、なんか頭が重いなあ・・という時に、

排便をしたらお腹も頭もスッキリ!ということがあります。

今回は、排泄と頭痛の関係

それから、身体の巡りをうながすハンドヒーリングのやり方について書いています。

からだが有毒なもの、要らないものを捨てる流れはこうなっている

食べ物をのみ込んだ後は、どうなるのでしょうか?

ざっくりと、食べたものは口から入ったあと、こんな感じで出ていきます。

[aside type=”sky”]

1・かみ砕かれた食べたものは、胃でドロドロのお粥状になり・・

2・ドロドロのお粥状になった食べものから、「栄養」が小腸で吸収され・・

3・大腸へ移動したドロドロの食べものは、だんだんと水分が吸収され・・ほどよく固まる。

4・固まった食べ物のカスは、うんちとなってからだの外へ・・
[/aside]

途中、肝臓で有毒なものが処理され、うんちの中へ・・

腎臓で要らないものが振り分けられ、おしっこの中へ・・

という作業も、入り込んでます。

他にも、汗や皮脂、吐く息などでも要らないものを捨てています

うんちを溜めないことは、なぜ必要なのか?

うんちに変化した食べ物の滞在期間は、24時間。

でも・・・

24時間後に出ていかないこと。

つまり便秘ってありますよね。

大腸という、たべものがうんちになる最終段階の場所

ここでは、ドロドロのたべものから水分などが吸い取られて、固形状になっていきます。

そして、さようなら~

・・と、うんちは肛門から出ていくのですが。

うんちがいつまでもそこにあると、うんちの中の水分が、再びからだの中に吸収されていきます。

つまり出て行くはずの水分(要らない)が、からだの中に残るんですね。

不要な水分などが頭を重たく感じさせ・・・

水分が無くなったうんちは、カチカチに小さくなっていきます・・・

ヒトのからだは、あちこちからゴミを捨てられるようにできている

うんちに限らず、おしっこ皮脂吐く息なども、

からだが活動したあとの、ゴミです。

家のゴミを出した時って、すっきりしませんか?

からだの中でも、同じことが起きています。

要らないものは、すぐに出そう!!

消化と排泄を助けるハンドヒーリングをご紹介します

便通は全体的なバランスが整ったときに良くなります。

生活のリズムとか、心身のほどよい集中とリラックスですね。

肝臓で、有毒なものを解毒して、うんちで出せるようにして・・・

腎臓で、いらないものをおしっこで出せるようにして・・・

からだの各器官がよく働きだすと、ちゃんと

おしっこがよく出て、うんちも出てくるようになります

ここでは、私が頭が重く感じる時などに

よく行っているハンドヒーリングをご紹介します。(1分25秒)

ちょっと頭が重い時などには排泄するだけで、

どんどん回復していくのを感じますので、お試しください。

頭へのハンドヒーリングは、

「集中とリラックスのバランスをとる」のに最適です。

脳は身体の司令塔ですから、

ここがちゃんと働けば、必要な器官に必要な指令が届きます。

実践のコツとしては、何かをしながら頭に手を当てていてもいいですし、

できればゴロンと横になって、10分以上は当てられるといいですね。

まとめ

[aside type=”sky”]

*頭痛には、排泄のとどこおりが関係する時がある。

*うんちやおしっこを溜めないこと。

*要らないものを出すことで、頭痛がよくなる時がある。

*この記事では、からだの巡りを良くするための「ハンドヒーリング」をご紹介しています。
[/aside]

 

よどんでいたものが出ていくって、ホントに身もこころもすっきりします。

頭痛と便秘に心当たりのある方は出す」ことで頭痛が和らいでいく可能性がありますよ。

この記事が気に入ったら
いいね !

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA