2018/11/09

セラピストがメニューを作る時は、まずリサーチを。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
なかもと れいこ
「自然治癒力(治る力)」を引き出す専門家です。 自分の片頭痛が、「食」で8割改善しました。 「未病の段階で身体の調子を元に戻す」。 また、「頭痛になりにくい身体を作る」ことに関心がある方のお役に立てます。 現在はセラピストの方が自分の仕事に専念できるよう、「仕事の仕組み化」をお伝えすることにも力を入れております。
詳しいプロフィールはこちら

 

メニューを作るうえで、リサーチは大切だとつくづく思います。

なぜなら、お客様が求めていることが分かるからです。

それをもとにメニューを作れば、それは当然申し込まれますよね。

 

くまジロー
リサーチは大事だよー

 

・・・なんてあらためて言わなくても、

リサーチの大切さを聞かれたことがある人は多いはず。

 

ところで、どこからリサーチしていらっしゃいますか?

今回は、「リサーチをする場所って重要ですよー」というお話をしたいと思います。

 

この記事はこんな方におススメ

*メニューの作り方が分からない。

*売れるメニューを作りたい。

*リサーチ、やったことあるけどイマイチ役に立たなかったよ。

 

見込み客へ「直接」リサーチするのが早い

 

「リサーチをしましょう」というアドバイスはいろいろな所で見聞きしますが、

その多くは、「Yahoo知恵袋といったネットの質問コーナーや、

お客様となりそうな方が読みそうな雑誌や本からヒントを探すといいですよー。

それをもとに、あなた独自のサービスを見つけましょう。」

というものが多くはなかったですか?

 

大きなメディアでリサーチしてみた結果

 

私も雑誌などからリサーチすることもありました。

私の場合はできるだけ自然療法を好む方をお客様に迎え入れたいなと思っていましたので、

たとえば「クウネル」「天然生活」「暮らしの手帖」などの雑誌に取り上げられている記事から

悩みを予想し、メニューやブログ記事のヒントを得ようとしていました。

 

でもそんなリサーチをしながら、どこかいま一つ上滑りしているような感じもしていまして。

なぜかというと、それを既存のお客さまへご提案しても反応が全くないからなんです。

 

いろいろ学んでいくうちに、その理由が分かりました。

 

私のお客様にとっては、最優先の悩みじゃなかった

 

いくら自然療法を好む方に多い悩みだからといって、

それが私の所へ来て下さるお客さまも抱えている悩みか?というと、

違うのです

 

正確に言うと、私の所に来られる方も、雑誌に載っているような悩みもお持ちです。

 

くまジロー

目が疲れる・・とか。

今日は頭が痛い・・とかね。

 

では何が違うのかというと・・・

 

 

悩みを解決したい思い入れが違いました。

解決しなければいけない優先順位が違うのです。

 

くまジロー
いま、何が何でも解決したいってこと?

 

そう。

 

人は、いろいろなレベルの悩みを同時に複数抱えながら生きています。

私たちが知らなくてはいけないのは、その方にとって解決したい優先順位が高い悩みです。

これを知る必要があります。

 

なぜなら、多くの人は自分にとって優先順位の高い悩みにしか目を向けないからです。

 

くまジロー

ああ、みんな忙しいしね。

全部の悩みにお金と時間を使えないもんね。

 

 

個々人の抱えている悩みの深刻度はバラバラで、それは

大きなメディアで取り上げられている悩みを見ていても、なかなか捉えにくい

 

 

これが、私がネットや雑誌などからリサーチしても、どこか

ガツンとした手ごたえを感じられなかった原因でした。

 

くまジロー
なるほどねー

 

であれば、お客様候補の方に直接尋ねるのが一番早いわけです。

 

多くの人が悩んでいる事を頼りに、あなたのお客様にとって緊急度・深刻度の高い悩みへ辿り着ける可能性は低いと思います。

なぜなら私たちは、そのお客様の生活や直面している問題まで知らないからです。

 

 

切実な悩みが見えてくると、提案するアイディアも湧いてくる

 

私たちセラピストは、施術やカウンセリングなどのように「自分が提供できるサービス」がまず前提としてありますよね。

 

それをいかにしてお客様にご提案していくか?

という発想からメニューを考えることが多いと思います。

 

でもこのように、お客様がとても困っていることや、すごく欲しているものを先に知ってからサービスを考えると、アイディアが浮かびやすいのでおすすめですよ。

 

くまジロー
困っている人を助けたい気持ちが働くのかな?

 

そうかもしれません。

 

道を探している人がいたら、「目的地まで連れて行くことは出来ないかもしれないけど

自分が知ってる知識で何か教えられることはあるかな?」

と思いませんか。

 

あの「何か役に立てないかな?」という気持ちと似ているかもしれませんね。

 

 

自分の守備範囲を限定しない、という提案

 

それからこれは、セラピストによって向き不向きがあると思うのですが

「私は○○セラピストだから、これが専門。これしか出来ない。」

という考え方を一度脇に置いてみるのも、いいかもしれません。

 

・・というのは、私がこれでずいぶん考え方が自由になり、発想が広がってお仕事の幅が増えたからです。

 

人はみな学ぶ力がありますので、どんなことでも0から段階を踏んでステップアップしていけます。

 

あとは、自分がやりたいか?やりたくないか?という気持ちと相談しながらやればよいのではないかと。

 

そうやって、お客様が求めていて、自分に出来そうなことがあれば頭ごなしに却下するのではなく、

自分の専門性に幅を持たせていくイメージで、新しい事に取り組んでみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

・メニュー(サービス)を作る時には、考え始めるのではなくリサーチをする

 

2・リサーチは、出来る限り大きなメディア(インターネット、書籍など)よりも、

自分の周りにいる方(お客様、見込み客)にする。

 

3・自分のサービスをどう提案するか?よりも、お客様の悩みを解決するのに自分が出来ることはあるかな?

という姿勢で、柔軟に考えてみる。

 

 

お客様に話を聞いてみると、予想外の答えが返ってきたりするので

いろいろ発見がありますよ。

まずは直接、あなたのお客様にリサーチを。

 

=============

 

ときどき道に迷いそうになるセラピストさんへ

 

私 なかもとは未病の段階で健康に戻していくことを得意とする、自然療法家です。

講座を開いているうちに、参加されるセラピストの方から「仕事を続けていくにはどうすればよいか?」というご相談をたびたび受けるようになりました。

 

現在は、セラピストが安定した収入を得て時間と気持ちにゆとりを持ち、

いい仕事をするための仕組み作りをお伝えすることに力を注いでいます。

 

なかもとれいこのプロフィールを見てみる。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
なかもと れいこ
「自然治癒力(治る力)」を引き出す専門家です。 自分の片頭痛が、「食」で8割改善しました。 「未病の段階で身体の調子を元に戻す」。 また、「頭痛になりにくい身体を作る」ことに関心がある方のお役に立てます。 現在はセラピストの方が自分の仕事に専念できるよう、「仕事の仕組み化」をお伝えすることにも力を入れております。
詳しいプロフィールはこちら