2018/11/09

求められている事から考え始める。 セラピストが売れるサービスを作る手順。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
なかもと れいこ
「自然治癒力(治る力)」を引き出す専門家です。 自分の片頭痛が、「食」で8割改善しました。 「未病の段階で身体の調子を元に戻す」。 また、「頭痛になりにくい身体を作る」ことに関心がある方のお役に立てます。 現在はセラピストの方が自分の仕事に専念できるよう、「仕事の仕組み化」をお伝えすることにも力を入れております。
詳しいプロフィールはこちら

 

 

私のサービスをどうやって知ってもらおうかな?分かってもらおうかな?

と頭を悩ませているセラピストさんは多いですよね。

 

そこで。

 

そもそも「自分のサービスを分かってもらおう」という所から始めるのではなく、

 

必要とされることからサービスを作ってしまう」のはどうだろう?

 

というご提案をします。

 

 

くまジロー

えー

自分で作るの?

 

そうそう。

 

くまジロー
でも、どうやって作ったらいいの?

 

その話を今回はしようと思って。

 

自分でサービスを作れるようになると、いつでも0からお仕事をできるからね。

 

この記事はこんな方におススメ

*サービスを作るなんて、ハードルが高そう・・

*自分でサービスが作れるようになりたい

 

 

サービスはこの順序で作っていく

 

 

1・見込み客(あるいは身近な人・知り合い)が困っていることで、自分にお手伝い出来そうなことを知る(探す)。

 

2・サービスを考えてみる。

 

3・提案する(反応をみる)。

 実際にサービスを提供する。

 

 

シンプルに言うと、この順序です。

 

この順序だと、困っている人が「それ、わたし受けたい(欲しい)!」

と思ってくれる可能性が高くなります。

 

 

逆に、私たちセラピストが知ってほしいそのサービスは、・・ひょっとしたらあまり多くの人から求められていないかもしれません。

 

その場合、そのメニューだけをあなたのサービスにするのは、ビジネスとしてはハードルが高くなってきますね。

 

くまジロー

うう。それはキツい言葉だな。。

でも、まるっきりやったことない事なんて、できないよ。

 

そうだよね。

なので、まずはお客さんが求めていることを知ってから、

それは自分に出来るかなー?と考えてみるといいよ。

 

 

とりあえず企画・提案してから、軌道修正していく。

 

くまジロー

そっかあ・・。

求められていることから

考えていけばいいのはわかったよ。

 

くまジロー

でも、サービスを作るって

そんなにすぐ簡単にできるの?

 

 

サービス案はどんどん気楽に出してみるといいね。

でも、いきなり完璧なものはできないと思うよ。

 

だって、お客さんが「それいいね!」って思うかどうかは、

試してみないと分からないからねえ。

 

くまジロー
試さないと分からないのか・・。

 

そう。

 

初めてモノを作る時って、

予想とずいぶん違うものが出来上がっちゃいますよね。

それと同じで。

 

なかもと

だから、うまくいかなかったところは

改善していけばいいんだよ~。

 

 

そのサービスがうまくいくかどうかは、やってみなけりゃ分からない

 

サービスは、「あなたが提供したい」だけでは求められなくて。

 

くまジロー
ほう。

 

お客さんが求めていても、あなたがやりたくなかったら長続きしなくて。

 

くまジロー
ほうほう。

 

お客さんが確実に求めている!とリサーチしてから作っても、

いざ提案してみるとなぜかウケなくて。

 

くまジロー
ん?

なんで?

 

そういうこともあります。

 

たとえば、そのサービスには何度も通わないといけないから

お客さんがめんどくさくなっちゃったりとか、

お客さんの予想よりも料金が高かったりとか。

 

あるいは、それを好む年齢でなかったとか。

欲しいと思ってたけど、意外とそんなに求めてなかったとか。

 

はたまた、サービスに配慮が足りなくて満足してもらえなかったりとか。

 

・・・・・

 

原因はいくらでもありえます。

それはできるかぎりリサーチはした方がよいのだけれど、

事前に全てを予想するのは不可能なんですよね。

 

だから、やってみるのが一番早いです。

 

なんかイマイチ予想と違っていたとしても、次は「それを変えていけばいいということが分かった」ので。

 

それって、サービス作りが確実にレベルアップしたということです。

 

くまジロー

なるほどね~。

いくらサービスを作る前に調べても、

やっぱり作らないと分からないこともあるんだね。

 

そうそう。

なので、どんどん提案してみるといいよ。

 

<<まとめ>>売れるサービスは、こうやって作る

 

セラピストがサービスを作る時は、

 

1・見込み客から求められていることを出来る限りリサーチして・・

2・それを基にサービスを考えてみて・・

3・とりあえず、提案(提供)してみる!

 

 

↓ うまくいかなかった所は、軌道修正する。

 

 

1・より精度の上がった「求められていること」を把握して・・

2・それを基にサービスを考えてみて・・

3・またとりあえず、提案してみる!

 

 

↓ うまくいかなかった所は、軌道修正する。

 

 

1・さらに精度の上がった「求められていること」を把握して・・

 

いい感じにサービスが改善されて、かつ自分もやりがいを感じればこれを繰り返していけばOK。

 

あるいは、いろいろと難しいなと判断したら別路線のサービスを考えてみてもいいでしょう。

 

  サービス作りは、螺旋(らせん)階段を登っていくのに似ています。

 

大幅に路線を変更したとしても、より「求められて」「やりがいのある」サービスに近づいているので、

あなたの「売れるサービス作り」はちゃんと目的地へ進んでいますよ。

 

くまジロー

なるほどね~。

じゃあ、軌道修正しつつやり続ければいいのか。

 

そう。確実に前進しているからね。

 

=============

 

ときどき道に迷いそうになるセラピストさんへ

 

私 なかもとは未病の段階で健康に戻していくことを得意とする、自然療法家です。

講座を開いているうちに、参加されるセラピストの方から「仕事を続けていくにはどうすればよいか?」というご相談をたびたび受けるようになりました。

 

現在は、セラピストが安定した収入を得て時間と気持ちにゆとりを持ち、

いい仕事をするための仕組み作りをお伝えすることに力を注いでいます。

 

なかもとれいこのプロフィールを見てみる。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
なかもと れいこ
「自然治癒力(治る力)」を引き出す専門家です。 自分の片頭痛が、「食」で8割改善しました。 「未病の段階で身体の調子を元に戻す」。 また、「頭痛になりにくい身体を作る」ことに関心がある方のお役に立てます。 現在はセラピストの方が自分の仕事に専念できるよう、「仕事の仕組み化」をお伝えすることにも力を入れております。
詳しいプロフィールはこちら