2017/09/26

ホメオパシーコンサルテーションのご感想

 

 

 

ご感想1・人と対面で話すことへの不安感 (コンサル回数・1回)

アンケート写真1

 

<40代女性>

お困りごと人と対面して話をすることに、おそれや不安を感じていた

 

相談する前と、コンサルが終了した現在の変化を具体的に教えて

*これまでしっかりと向き合うことがなかった自分の問題に対して、自分自身で振り返ることができた。

*他の人(ホメオパス)へ話をし、答えていくなかで客観的に考えることができた。

*無意識にも意識的にも、問題が軽く変化していった

*あまり気にならなくなってきた

*周囲の変化と意識の方向の変化が大きかった。

 

コンサルテーションを検討している方へ:

*自分一人では気付かなかったり、考えの広がりがなかったことに、まず変化があると思います。

*ホメオパシーによって変化を観察するような機会を持つのもよいと思います。

 

申し込む前に心配していたこと長年変わらなかったことに変化があるのか

こちらへ申し込まれた理由時間をかけて分析し、いっしょに考えてくださるところ。

 

 

ご感想2・夫や親に対する強い怒り。幼いころのトラウマを克服できない (コンサル回数・3回)

ご感想アンケート2

ご感想アンケート2

 

40代女性

お困りごと夫や親に対する強い怒りがある。気分が不安定。幼いころのトラウマを克服できず苦しい。緊張しやすい。

 

相談する前と、コンサルが終了した現在の変化を具体的に教えて:

~~相談する前~~

*強い怒りが時々、ふとした拍子こみ上げる。体がブルブル震えるほど。

(父親からの性的虐待。母親からの精神的虐待。度重なる失恋。20代の頃に性的暴力)

*常に何かを食べていた。

*鼻の通りが悪い。

*とても緊張しやすく、職場では気持ちが張りつめ、疲れやすく肩が凝る

*緊張しやすいので、人と会うのも嫌。だからほとんど一人で行動。

 

~~相談した後~~

*洗いざらい話したことで、まず気持ちが落ち着き、軽くなった

*いい出会いが続いて、人と一緒にいることが嫌でなくなった

*人生の目標が定まり、自分自身へ肯定的になることができた。

*緊張も、ほどよい程度となり、肩こりがほとんどなくなった。

*鼻の通りは、変化なし。

*夫や両親への怒りも、ほとんど湧かなくなった

 

コンサルテーションを検討している方へ:

*変わりたいと思いつつ、その一歩を踏み出せずにいたのをコンサルで強力にサポートしていただいた。そんな気がします。

*私自身と周囲の変化があまりにタイミングよく、今までの人生で一番激動でした。

*良いと思えた点は、コンサル。ホメオパスさんに話すことで、自分の気持ち、状態を整理したり、新たな気付きがありました

*本当にじっくりと、惜しみなく話を聞いていただけたので、満足感がありました

*レメディーを一粒だけ摂ればよい、という点も楽でした(※補足:摂り方は個人により違います)。

*病院のように、「ちょこっと診察して終わり」というもの足りなさはありませんでした

*私のように、親との関係、異性との関係で悩んでいる方におすすめしたいです。

 

ご感想3・交通事故後のPTSD。うつ状態 (コンサル回数4回)

 

ご感想アンケート3

ご感想アンケート3

 

30代女性

お困りごと追突事故による、むち打ちから医療機関に1か月通うが、回復を感じなかった。首と右腕の痺れ。心身の不安定。

 

相談する前と、コンサルが終了した現在の変化を具体的に教えて:

~~相談する前~~

*首・右腕・指の痺れ、全身の痛み。

*だるさ、肩の張り、頭痛、走れない。

*動くのがきつい、仕事に行けない。

*周りの目が気になる。被害妄想、人とまともに話せない。孤独感。

*事故の場所へ運転する恐さ

*自分を責める。家族への対応の悪さ。

*眠れない。暴食。甘いものがやめられない。食欲低下。

*事故のむち打ち後の落ち込みから、人間関係、実母との関係、仕事など全てがうまくいかなくなった

*なにも人の役に立たない自分は、人間をやめたいと思った。

 

~~相談した後~~

*私は「医療機関でのリハビリ」、「心療内科カウンセリング」と「ホメオパシー」による治療を同時に進めました

*自分自身の育ち、生まれてからの記憶、トラウマなどを全て話した。

*事故の時の追突の瞬間の光景、体の感覚、動悸、恐怖感を感じなくなった

*仕事に復帰できた。

*職場の人間関係も、日に日に気にならなくなっていった

*首・腕の痺れがなくなった。

*人と話す時に涙が出なくなった。

*人との付き合い方をわり切れるようになった。人に嫌われても、一人でも、どんな目で見られてもいいと思えるようになった。

*母親のことが気にならなくなった。

*自分のやりたい事が出来るようになった。

*昔とは、心の持ち方が違うと感じられる

 

申し込む前に心配していたこと本当に、事故前の生活に戻れるか。仕事に行けないギリギリの生活で、コンサル料が払えるか。

 

申し込まれた理由以前、「お手当ての会」などに参加した時の、なかもとさんの対応に安心感があった

自分の状態に合っている、と直感のような、ここしかない気がした。

 

コンサルテーションを検討している方へ:

コンサルが終了しても「はい、終わり」ではなくアドバイスを頂きました。やはり、なかもとさんにホメオパシーのコンサルをお願いして間違いなかったと思っています。

 

 

ホメオパシーのコンサルテーションはどのように行われるのか?

 

ホメオパシーのコンサルテーションでは、いま気になっていることを自由にお話しいただきます

 

その内容や、お話しされている雰囲気、熱量なども総合的に分析をして、私がご相談者に合うであろうレメディーを選び出します。

 

そのレメディーを摂って、約1か月過ごしてください。

 

始めにご相談いただいた心身の状態が、どう変化していっているか?(いないか?)

それを、次にお会いしたときに伺い、次にどうしたらいいか?を考えていきます。

 

心身の変化はご自分で気付かない事もありますので、第三者(ホメオパス)の伴走が必要です。

ですので、少し継続してコンサルテーションを行います。

 

そうやって、平均3~4回。

私にご相談ください。

 

ホメオパシーは、「頭では分かるけど感情が納まらない状態」にサポートをするのが得意です。

焼き付いた感情は、昇華しない限りいつまでも私たちの中にくすぶっていて、時々出てこようとします。

怒りはよくない、嫉妬はよくないから、なるだけいい方に考えようと頭で考えても、強い感情を身体が代弁してくれる時があります。

 

そんな時にさりげなくあなたの強い(気持ちの)エネルギーを逃がしてくれるのが、レメディーです。

病院で検査しても原因がよく分からない不調には、ホメオパシーのようなアプローチが合う場合もあります。

 

 

お客様のご感想を真剣にお読みくださったあなたにはなんとなく感じられたでしょうが、深く潜ってしまったある感情を掘り起こしていくのには、ある程度の期間がかかります。

 

ですから、それでも一度自分の問題に向き合いたい、と強く思われた方。

ある程度継続するコンサルテーションをお望みの方には、そのような状態の方が向いておられます

 

※興味はあるけど、ある程度継続する必要があるかどうかは、分からない・・という方向けに、単発のコンサルテーションも行っています。 まずはお気軽にご相談ください。

 

ご質問は、こちらからどうぞ

 

Copyright© 頭痛になりにくい身体をつくる , 2017 All Rights Reserved.