「レイキ」はハンドヒーリングだけではない。こんな時にも使えるよ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
なかもと れいこ
「自然治癒力(治る力)」を引き出す専門家です。 自分の片頭痛が、「食」で8割改善しました。 これをきっかけにレイキやホメオパシーといった、海外で代替療法として確立されているセラピーを修得し、片頭痛を改善できるようになりました。 「未病の段階で身体の調子を元に戻す」。 また、「頭痛になりにくい身体を作る」ことに関心がある方のお役に立てます。
詳しいプロフィールはこちら

 

とつぜんですが、「ハンドヒーリング」と聞くと、「手を当てる癒し」みたいなイメージを持たれますか?

 

ハンドヒーリング・・・

 

touch

 

ハンドヒーリング・・・

 

 

なぜこんな事を尋ねたのかというと、「ハンドヒーリング」には色々あるからです

 

例えて言うなら、「音楽」にはジャズクラシックロックJポップといったジャンルがありますね。それと同じです。

 

ひとくちに「ハンドヒーリング」と言っても、セラピューイックタッチクウォンタムタッチタクティールケアレイキ、などなど・・・。たーくさんあります。

 

世界のいろんな場所で、「ハンドヒーリングって、使える!」と思った人たちがいたからなのでしょうね。

 

 

私は、レイキというハンドヒーリングを10年ほどやっています。

 

 

レイキを音楽のジャンルのひとつ、Jポップに例えると。

Jポップといってもいろいろありますよね。

 

ミスチル、嵐、宇多田ヒカル、AKB48・・・。

 

そんな感じで、「レイキやってます」と言ってもその内容は、人によってけっこう違います

 

この記事では「レイキって、いったい何なのか?」ということと、それをどんな時に使えるか?ということについて書いています。

 

 

レイキって、なんか聞いたことあるけど・・何?

 

 

ひとことで言うと、気持ち」と身体の調子をリフレッシュさせる方法です。

 

落ち着いて、リラックスしている時の状態って、気持ちいいですよね。

 

そのあとは、また元気になってやる気も湧いてきます

 

 

そういう状態に自分や、誰かの調子を整えられる方法です。

 

 

具体的には、手を使うハンドヒーリングであったり、手を使わない呼吸法瞑想法など、いろいろなやり方・ワークがあります。

 

 

そういったツールを使いながら、レイキを使う目的は「さっぱりと気持ちを切り替えること」です。

 

 

レイキってネットで調べると怪しい感じもするけど、宗教なの?

 

 

宗教ではありません。

 

レイキといえば、気になる箇所に手を当てる「手当て」をすぐにイメージされる方もいらっしゃるかもしれませんね。

手かざしの宗教があるため、レイキもそれと混同されやすいのですが、違います。

 

 

「手当て」は誰でもできます。

 

「肩が凝ったな~」と、無意識に手を当てますよね?

 

 

あれは、手を当てると気持ちがいいこと。

ちょっと不調がやわらぐことを、私たちは無意識に知っているからです。

 

それをもっともっと、「機能的に」「使いやすく」整えたものがレイキです。

 

 

レイキについて、もう少し

 

レイキは日本生まれ

 

レイキは、大正時代に日本で体系化されました。

意外と古いですか?

 

西洋医学がメジャーになる前に広く使われていたので、今よりも治病目的の性格が強かったんです

ですが時代の変遷とともに、レイキも変化していきました。

 

戦後、日本ではずいぶんと忘れられてしまいましたが、レイキは「Reiki」と表記され、海外で広く親しまれるようになっています。

うさ太郎
いまの日本での「ヨガ」ぐらい、海外では知られているんだって

 

 

どうしていろいろなレイキがあるのかというと・・・

 

レイキはもともと誰でも持っている癒しの力を、効率的に使えるように考えられたトレーニング法です。

宗教ではないので、ルールや戒律はありません。

 

だから、

 

習った生徒たちが、先生になり、自分の得意な分野や考えを加えながら次の生徒に伝えていきます。

 

そうすると、いろいろなスタイルの「レイキ」が生まれていったんですね。

現在は、時代の流れでずいぶんとスピリチュアル色の強いものもあります。

 

うさ太郎
レイキをやっている人が、みな同じレイキをやっているんじゃないんだね

 

 

私は、レイキを「ちょっとした不調時の、おうちの薬箱」のように使いたかったので、どちらかというと、かなり大正時代のスタイルに近いレイキをやっています。

 

うさ太郎
「お母さんのお手当て」が、もっと本格的になったような感じなんだよね?

 

 

 

 

どんな時に役に立つの?

 

 

頭を使い過ぎて疲れた時や、気がかりなことが頭から離れない時

「イライラしてしょうがない」とか、「心配で眠れない」とか。

 

そんな状態が続くと・・・日常生活にも支障が出てきますよね。

 

 

レイキはそうなってからでも使えますが、もっと普段のちょっとした「ハー・・、疲れた」

とか、「ちょっと身体が凝ったな」という時から、どんどん活用できます。

 

 

そうして、自分のこころと身体を、常にいい状態に保つことができます

(フィッシング詐欺に遭った時にも、早く立ち直れました、ワタシ。 その記事がこちら

 

 

うさ太郎
疲れを溜め込まなくてよさそうだね!

 

 

どうして効くの?

 

手を当てる場合は、その「手のひらが当たっている」刺激が、からだの気の巡りを良くします。

レイキにはいろいろなトレーニング法があるので、ハンドヒーリングだけではありません

 

 

レイキがなぜいいのか? それは・・・

 

 

脳をリフレッシュさせ、思考がグルグルと迷走するのを止めるトレーニングにもなるからです

 

 

 

例えばレイキには、こんなやり方があります

 

 「いま聞こえている音を、すべて挙げてみる」

 

・・・・・・

 

鳥の声

 

飛行機が飛んでいる音

 

水の音

 

風が吹いた音

 

虫の声

 

顔を触った時の、皮膚の摩擦音

 

遠く、かすかに人の声

 

・・・など、いつもは意識しないけど、じつはいろいろな音に囲まれていることに気付きます。

 

 

これをやっている間は「音を拾うこと」に集中するので、「あー、明日の地域の草刈り、暑いだろうな~・・」なんてプチ憂鬱はちょっと忘れられますよね。

 

 

れいこ
うさ太郎も、一緒にやってみよう~

 

 

うさ太郎
エアコンの音・・車のエンジン音・・・セミの声・・・お腹が動いた音・・お腹空いた!

 

 

レイコ
・・・

 

 

先端の脳科学も注目する有効性

 

現在、「マインドフルネス」というものが注目されていますね。

そのエッセンスは、レイキとよく似ています。

 

 

「マインドフルネス」というのは、思考を整えるトレーニング法のことです。

仏教が基になっていますが、宗教的な側面を削ぎ落とし、科学的に検証された脳のリフレッシュトレーニングです。

 

 

すぐに雑念でさまよってしまう「こころ」を迷走させないコツを、取り入れているんですね。

 

 

脳は思考のムダ使いをするから

 

 

一週間後の「気が乗らない女子会」の事を考えていたり。

「さっきのコメントは、こう返せばよかったな」と後悔したり。

 

パソコンの前で仕事をしながら、いつの間にか雑念だらけだった・・ということはよく起きます。

 

 

この、たいして大切でもない思考に費やしているエネルギーは、かなり大きいということが、最近の脳科学では認識されています。

 

 

たとえば

 

「このデータを見やすい表にするには、どうしたらいいかな?」

といった、目的に向かって思考している時・・ではない状態

 

つまり、

ボーっといつの間にかあの事を思い出してイライラしているような状態は、エンジンをかけたまま停止している車に例えられます。

 

からだを休めても、ずっとどうでもいい事をグルグル考えていると、脳は休めません。

その結果、思考力、集中力が低下して脳のパフォーマンスが落ちるのです。

 

うさ太郎
脳ミソが、ずーっと動いて疲れちゃうんだよ

 

 

れいこ
ああ、だから脳がしっかり休むことが必要なんだね~

 

 

考えが迷走するのを止められるようになると、機嫌よく過ごせる時間が長くなってきます

これがレイキのいい所。

 

 

 

まとめ

 

 

レイキというのは、心身をリラックス&リフレッシュさせる方法。

こまめに使うことで、疲れを溜め込まずに過ごせる。

レイキにも、いろいろなカラーがある。

みんな同じレイキをやっているわけではない。

レイキは、誰にでもできる健康法。

手かざしの宗教と間違われやすいけど、宗教ではない。

雑念に囚われ続けると、脳はとても疲れてパフォーマンスが落ちる。

その雑念から頭を切り替えるのに有効なのが、レイキ。

 

レイキにはいろいろな使い道があります。

もうひとつの大きな側面、ハンドヒーリングを具体的にどんな場面で使えるのか?という話は、別記事で書きますね。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
なかもと れいこ
「自然治癒力(治る力)」を引き出す専門家です。 自分の片頭痛が、「食」で8割改善しました。 これをきっかけにレイキやホメオパシーといった、海外で代替療法として確立されているセラピーを修得し、片頭痛を改善できるようになりました。 「未病の段階で身体の調子を元に戻す」。 また、「頭痛になりにくい身体を作る」ことに関心がある方のお役に立てます。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© 頭痛になりにくい身体をつくる , 2017 All Rights Reserved.